データ提供について

成果公開型課題のマシンタイムごとの実験において、得られたデータを提供いただく場合の主な留意事項を下記いたします。

1. データフォーマット:装置から得られるデータ(測定条件ならびにプロファイルや画像など)と試料に関するデータ(試料の分類や処理条件など)に大きく分かれます。前者はいわゆる生データと装置を動かすソフトウェアに依らないメタデータとなる予定です。後者は材料科学的・プロセス的な分類です。

2.約款:データを提供していただくうえでの約束事で、基本的にARIM事業全体で統一した約款を準備いたします。

現在、ARIM事業全体でデータフォーマットならびに約款の準備中でこれらの内容が決まるまではデータ提供を伴う実験(マシンタイム)はありません。この間の装置使用料金は一律に設定されています。