ようこそ、金研 分析コア ARIM事業班のホームページへ!

私たちは産学官の材料研究者のみなさまに構造解析の場を提供することを通して、研究と開発を支援していくプロ集団です。単なる装置やデータの提供だけでなく、材料科学と構造・組織解析の専門知識をフルに発揮し、現場で抱える様々な課題の解決に向けてのお手伝いをいたします。

文科省ARIM事業「高度デバイス領域」における装置共用を構造解析の立場から牽引し、データ共有によるマテリアル革新力の推進を主たる目的として、金属材料研究所 材料分析研究コアに設置された組織で、全国25機関と歩調をあわせながらこの事業を進めています。

透過電子顕微鏡(TEM)や集束イオンビーム加工装置(FIB)を用いて様々な材料の微細組織や結晶構造の解析を行うだけでなく、幅広い材料科学の知識と経験に基づいたきめ細やかな技術支援がモットーです。

一方、東北大学の ARIM事業に関わる共用設備運用組織はナノテク融合技術支援センター(center for integrated nanotechnology support: CINTS)で、私たち ARIM事業班では微細加工グループと共同で、課題申請から採択までのお世話を行っています。

このHPでは構造解析グループの立場から、私たちが提供する装置の仕様やご利用方法、そして ARIM事業全体の活動状況などをご紹介いたします。CINTSの構造解析分野(ARIM 計測・分析横断領域)への課題申請を考えられている方は、私どもの事業班にご相談ください。